研究内容

数値計算グループ

コンピュータによるシミュレーションは,新素材の開発,タンパク質やDNAなどの働きの解析,自動車などの製品の効率的な設計・開発,精度の高い気象予測,超新星爆発現象の解明など,ナノレベルから宇宙規模の現象まで産業や科学の幅広い分野において必要とされています.

数値計算グループでは物理や化学,生命科学などの分野の研究者と協力して,コンピュータのための数学を駆使した高性能なアルゴリズムの研究とプログラム開発を行っています.

詳細はこちら

 

数理メディア情報学グループ

近年の研究において,我々人類は様々な事象を“言葉”という一段抽象度の高い情報に置き換えて取り扱うことによって高次な知的活動を行っていると考えられている.

そのため,個々のメディア情報を言葉を用いて表現し,それら言葉と言葉の相関を計量することが可能となれば,コンピュータが人間の感性を理解し,異種のメディア情報群を統一的に扱うことが可能なシステムの実現が可能となる.

詳細はこちら

 

数理ソフトウェアグループ

GUIを用いて手軽に,数式の検索,計算,グラフ描画が行える数理ソフトウェアの開発を行っています.
実際に高等学校での実験授業を行っており,実用的なシステムを目指しています.

詳細はこちら